バイアグラ使用禁忌

バイアグラ使用禁忌

バイアグラ等のED治療薬を使いますと、ED症状が改善されますが、バイアグラなどのED治療薬を使用してはいけない方がいます。それを解説します。

 

バイアグラ等のジェネリック医薬品でも、効果成分が先発品と同じものを使っていますので、効果も同じですが服用を禁止される方も同じです。

 

 

 医師からセックスを禁止されている方

 

セックスは心身の興奮を促し、心臓に負担をかけます。
よって医師からセックスを禁止されている方がいますが、こういった方はバイアグラなどのED治療薬を絶対に服用しないでください。

 

具体的には心血管系障害などのために医師から性行為が不適当と診断された方。
心血管障害とは心筋梗塞、狭心症、大動脈瘤、や動脈硬化等の心臓や血管などの病気のことです。
これらの病気をお持ちの方は、医師から身体活動を制限されている場合があります。
この身体活動にはセックス等の性活動も含まれることがあります。

 

すでにこれらの病気と診断された方は、セックスするための手段としてのED治療薬であるバイアグラは適当ではありませんので、バイアグラの服用は絶対におやめください。
海外では、セックス自体を禁止されている、重い心血管系障害の人がバイアグラを服用し、セックスしたのが原因で死亡した報告例があります。

 

自分が該当するかしないか心配な方は、専門医にご相談ください。

 

他には心筋梗塞を患った方はセックス自体が心臓に負担をかけるリスクがあることから服用が禁止されています。

その他バイアグラの使用を禁止される方

最近6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血と医師から診断された方

 

バイアグラの血圧低下作用が脳梗塞や脳出血等の脳血管障害後の人の脳循環の低下を引き起こす可能性があることから、最近6ヶ月以内にこれらの病気を患っていた人は服用が認められていません。

 

重度の肝機能障害のある人

 

肝硬変等の重度の肝機能障害のある人もバイアグラの服用を禁止されています。
ちなみに、脂肪肝やアルコール性肝障害などをお持ちの人はバイアグラなどのED治療薬の服用は可能です。

 

ニトログリセリン等の血圧降下剤を服用中の人、心臓病をお持ちの方

 

バイアグラは血流を良くするために血圧を下げる働きがありますが、ニトロ剤にも同様に血管拡張のため血圧を下げる働きがあります。
そのため、両方の薬を併用してしまうと過度に血圧を下げてしまう恐れがあり、、血圧が致死レベルまで下がってしまう可能性があります。

 

低血圧の人または高血圧の人

 

バイアグラには血圧降下作用があります。
その為低血圧、上が90下が50mmHg未満の方、
そして、高血圧で治療による管理がなされていない人はバイアグラの服用が禁止されています。

 

網膜色素変性症の人

 

網膜色素変性症とは夜盲(鳥目)ではじまり、視野が中心に向かってすこしずつ狭くなっていったり、視力が次第に低下し、失明にまで発展する可能性のある目の病気です。
バイアグラは網膜色素変性症を悪化させる可能性があるため、網膜色素変性症の人は服用を禁止されています。

 

ペニスに関する病気または奇形のある方

 

自分が該当するかしないか心配な方は、必ず専門医にご相談ください。