避妊に失敗したらアフターピルが効果大!

避妊用アフターピル

アイピルは避妊失敗をフォローしてくれる、モーニングアフターピルです。アイピルは、一般にノルレボとして知られるジェネリック医薬品です。日本では販売されていませんが、個人輸入で購入できます。アイピルは72時間以内に1度服用すればよいという手軽さで人気のアフターピルです。

 

国内でも人気ノルレボ錠の最も低価格なジェネリック!アフターピルならコレで決まり!
アイピルは一日だけ飲む緊急避妊薬『ノルレボ錠』の人気ジェネリックで、個人輸入で最も人気のコストパフォーマンスの高いアフターピルです。

 

コンドームが破けたりして避妊に失敗した、性被害に遭ったなど何らかの理由で望まない妊娠を回避するための薬です。

 

不安な気持ちで次の生理が来るのを待つのではなく、性行為後でも女性自身で妊娠を高確率で回避できるので、自宅や旅行先などにもアフターピルを持っていると安心です。

 

 

アイピル(アフターピルNo.1)
アイピル(アフターピル

◆アイピルは性行為の後に服用する緊急避妊薬!
行為後まる3日間以内にのめば妊娠を予防することができます。
お水と一緒に飲み込み服用して下さい。

ノルレボのジェネリック医薬品
※7箱ならコスパが最高!

1箱 1錠 3箱 3錠 7箱 7錠
3,180円 4,581円 6,881円
1錠あたり3,180円 1錠あたり1,527円 1錠あたり983円

詳細・購入ボタン

商品概要

アイピルの有効成分は黄体ホルモンとしてレボノルゲストレル1.5mgです。

 

レボノルケゲストレルの主な3つの効果

 

  1. 排卵を抑制することで精子が侵入し てきても受精させないようにします。
  2. 子宮内膜の増殖を抑えるので受精した後でも受精卵が着床しづらい状態にします。
  3. 子宮頚管の粘液を変化させて子宮内に侵入しようとする精子の動きを鈍くします。

 

これらの作用で身体を妊娠が成立しにくい状態にするので高い避妊効果があります。

 

着床した後での服用では効果はなく、24時間以内にアフターピルを服用すれば95%妊娠を回避できますが時間 が経つと確率はどんどん下がります。
また、女性ホルモンである黄体ホルモンを一気に摂取することで一時的に体内のホルモンバランスが大きく変化するため、アフターピルの服用は身体に若干の負担がかかります。
アイピルは緊急用の薬であるので、普段の確実な避妊目的には低用量ピルの服用をお勧めします。

クリニックより大幅節約できます

成分:レボノルゲストレル1.5mg

クリニック処方 個人輸入通販
1回分
約10,000円
1回分
983円〜

緊急避妊薬が必要になるケースの例

  • 射精前にコンドームをつけるつもりが挿入中に思わず射精してしまった。
  • 射精前に抜去(ばっきょ)するつもりが、思わず精液が漏れてしまった、
  • コンドームを使わずにセックスしたが、もし妊娠したらと心配になった。
  • コンドームが破れて、精液が膣内に漏れた可能性がある。
  • レイプされた。

使用方法

避妊失敗の性行為後、アフターピルとしてできるだけすぐに1錠を服用します。

 

24時間以内で95%〜72時間以内で75%の確率で妊娠を回避することができます。

 

避妊失敗が分かった時から早く飲めば飲むほど、妊娠を回避できる確率が上がるので時間勝負の薬です。食事の影響はないので、気にする必要はありません。

 

排卵日(危険日)付近の性行為後に緊急避妊薬を服用する場合は85%とされており、避妊効果には服用時間の他にも月経周期のタイミングによって差があるようです。

 

またアフターピルの効果リミットは72時間以内とされていますが、アイピルの場合性交後 120時間以内までは避妊できる可能性があるので、72時間を超えていても諦めずに医師に相 談してください。

 

また、多く服用したからといって避妊の確率は上がらず逆に副作用が出る確率が上がるので 1度に2錠服用したり1錠服用して時間を空けてもう1錠服用するというようなことはしない でください。

 

摂取量を超えた量を服用してしまうと、ただでさえアフターピルは強い薬なので身体へ大き な負担がかかることになります。

 

そのため、あくまでも緊急時の避妊薬としての認識を持ち、乱用常用するのはやめてください。

 

例えば避妊に失敗して病院に行きたくても病院が閉まっていたり仕事などで行く暇がなかったりといった場合、本当に緊急の際は救急診察や予定キャンセルして病院直行するべきですが、それはなかなか大変なことだと思います。

 

アイピルをはじめアフターピルを常備しておけば病院に行く時間をカットでき、早いタイミングで服用することができるため、そのぶん避妊の確率を高めることができます。

 

しかし常備しているという安心感から本来の避妊を怠ることは本末転倒なので、日頃はアフターピル以外の方法できちんと避妊をするようにしましょう。

アイピルは行為後72時間(3日間)以内にのむと妊娠しません。

アイピルは性行為の後に服用するので「アフターピル」と呼ばれています。翌朝のんでも間に合うので「モーニングピル」とも呼ばれますが、「間に合う」期間はもっと長く、行為後まる3日間以内にのめば妊娠を予防することができます。

 

アイピルは世界数十か国で使われているお薬で、WHOは緊急避妊のエッセンシャル・ドラッグ(普及が望まれる薬品)に指定しています。